株式会社FRANK&いつも.
中国EC進出・売上拡大の総合支援カンパニー

電話:03-6629-7480
(平日10:00~18:00)

お問合せ・資料請求

「遡源之旅」――一風変わったJD広告新手法

今月2日から4日までに、中国ECモール大手の京東(JD.com)に属する越境ECである京東全球購(JDWW)が、人気店舗の「莎莎国際旗艦店」(以下略:Sasa店;リンク:https://sasa.jd.hk/)と連携して「京莎節」という大規模のセールイベントを打ち出しました。

JDWWモール内で大々的に宣伝する以外にも、中国版TwitterであるWeibo、SNS巨頭のWeChatにある公式アカウントやオンライン・キャッシュバック・サイトである「SMZDM.com」を通しても発信しています。思い切った割引幅が消費者の目を引く一方で、「遡源之旅」という斬新なイベントもかなり注目されました。

 

「遡源之旅」、漢字そのものの意味で、「源をさかのぼる旅」とのことです。

JDモールが2016年に掲げ始めた、従来の「値引き」「クーポン券」を前面に出す宣伝方法とは違って、商品の誕生ストーリや企業のこだわりなどを動画かライブ中継かの形で消費者に発信する、一風変わった新しい広告形式です。

 

今回「京莎節」の遡源之旅では、Sasa店のサービス理念の紹介やSasaファンである著名人インタビュー動画が開示され、認知度をさらに向上しながら、消費者の信用感を獲得し店舗へのロイヤリティを上げる狙いとみられます。

   

Sasa店以外にも、白酒(バイジュウ)の伝統的な製法、ミネラルウォーターに秘めたこだわりや洗剤の使い方など、JDモールが、ブランド側の思いを込めたストーリを消費者の心に届くように、共有の場を設けてサポートする姿勢を示してくれました。

 

さらに、JDモール内で「遡源之旅」の盛り上がりに、JD物流も協力的にサポートしました。

「海外ブランドに粉飾した偽物」「物流情報が改ざんされた」などの不安は、越境ショッピングする消費者を悩ませ続けてきました。この問題に対し、JD物流は中国国家質量検験検疫総局システムを通して商品を厳重に管理するようにしています。JD保税倉庫に入庫した商品一つ一つに「遡源QRコード」が付与されます。消費者はこのQRコードを読み取ると、商品生産地、物流追跡や管理情報が一目瞭然。この仕組みを通して、消費者は安心、安全に越境ショッピングをすることができます。

 

「遡源之旅」が、ブランド側と消費者の距離を縮め、お互いに信頼関係の構築にサポートすることで、消費者の店舗への(=JDモールへの)ロイヤリティを高めることは一番望ましい結果でしょう。今回の新しい取り組みへの反響があれば、店舗さんにとっても、伝統的な広告手法以外に選択肢が増えるでしょう。

中国ECでは、「安く」「送料無料」「キャンペーン中心」が売れるポイントですが、今回のような「コンテンツ」も重視する動きが広がると日本のブランド保有企業にとっても良い商品を適性価格で販売でき、ファンを育成できる可能性が出てきます。引き続き新しい動きに注目して発信していきます。

 

カテゴリ