株式会社FRANK&いつも.
中国EC進出・売上拡大の総合支援カンパニー

電話:03-6629-7480
(平日10:00~18:00)

お問合せ・資料請求

アリペイは中国ETCの代わりに

ご存知かと思いますが、中国の高速道路で非常に渋滞しやすいです。特に連休となると、高速道路料金所に引っかかって瞬く間に車の群れに陥って1日動かなくなったりすることは珍しくありません。高速道路料金所をスムーズ化するために、ETCが導入され、だいぶ時間の短縮を実現しましたが、申請期間が長いとか設置費用が高いとかで、導入するかどうか迷う方も少なくありません。

そこで、アリババグループに所属するアリペイは、こういった問題に対し、新しい技術「車ナンバーペイ」を発表しました。

 

アリペイアカウントで車ナンバーとリンクすると、高速料金所で車ナンバーを識別することで、アリペイから直接料金が落とされるという仕組みとなっています。

 

「車ナンバーペイ」は、ETCにない数々の便利さを誇っています。

・車ナンバーと銀行カードをリンクするのではなく、アリペイアカウントとリンクするため、リンクするのも、取消するのも簡単で自由。

・1つのアカウントに多数車ナンバーをリンクするのは可能で、家族分の料金もお支払可能。

・インストールものなし、設置費用もなし。

さらに、アリペイアカウント内では利息も付いてくるため、ユーザーにとっては、魅力十分とも言えるでしょう。

 

ただ、このサービスが利用できるのは、ゴマ信用(アリペイに付随した信用情報管理システム)が550点以上のユーザーのみとされています。より良いサービスを利用するには、より良い信用を見せるべきというポジティブな意味も込められているのでしょうか。

 

「車ナンバーペイ」は現在河南省の一部地域のみで開通しましたが、今年中に多数の大都市に普及する予定だそうで、中国社会はまた新しく生まれ変わるでしょう。

 

「互联网热点」コンテンツを参照

カテゴリ