株式会社FRANK&いつも.
中国EC進出・売上拡大の総合支援カンパニー

電話:03-6629-7480
(平日10:00~18:00)

お問合せ・資料請求

越境ECペット食品ブーム到来か!?

現在、越境ECでは化粧品やベビーといった商品が人気なのは皆さまもご存じかと思います。

また、アパレルカテゴリーや食品は次世代の越境ECの基盤になると予想はされております。

同時に新たなカテゴリーとして、ペット食品のブームが到来すると中国では話題になっております。

 

(中国電子商取引研究センターより)
8月22日に中国広州南沙では、「広州南沙自由貿易区越境ECペット食品集合区」の稼働セレモニーが行われた。今後、ペット食品越境ECインフラを整備し、より多くの有名企業を取り込む方針だという。

中国では、国民収入の上昇に伴い、消費も変わりつつあります。同時に、高齢化が進み、家庭形式もどんどん変化してきている。今までにないスピードでペットブームが到来し、ペット食品に対するニーズが高まっている。ペット食品業界も高速発展の時代を迎えた。

2004年~2015年の間、中国国内ペット関連業界は50倍近く成長し、2016年には総合消費規模は1220億元(約2兆円)まで達した。2017年から2020年の間に年平均20.5%の成長率が予測され、2020年までに消費総額が2500億元(約4兆円)突破されると見込まれている。

 

今回この「広州南沙自由貿易区越境ECペット食品集合区」は、物流倉庫とビジネスインフラ設備に力を入れて、ペット食品の通関自動化を目指し、さらに関連政策の改善も視野に入れているという。この「ペット食品集合区」に対する期待している。

この勢いよく成長を見せているマーケットに対し、各ECプラットフォームからは、年間500億元(約8000億円)以上の流通額を予測し、粉ミルクや化粧品の次に重要視とされているという。各政策や設備が整えたら、各海外ブランドも一斉に中国進出を果たすと予想されている。

このような日本にいるとなかなかキャッチできない情報を今後もブログに掲載していきます

カテゴリ