株式会社FRANK&いつも.
中国EC進出・売上拡大の総合支援カンパニー

電話:03-6629-7480
(平日10:00~18:00)

お問合せ・資料請求

速報!!中国Eコマース最大イベントW11(独身の日)

2017年度中国W11速報

 

11月11日に、中国EC業界で年に一度の最大イベント(通称:独身の日,W11)が開催されました。2009年にアリババグループのTmall(以下、天猫)から始まったこの中国全土を席巻したイベント、通称“独身の日”は従来の期待を上回り、昨年の実績をクリアし最新記録を記録しました。

 

11月12日0時、アリババより即場に発表された最新データによると、11月11日当日の全体売上金額は1682億元(約2.87兆円)を記録し、昨対比139%で、2009年初回W11イベントの売上の3000倍を超えました。その中、APP端末(アプリ)での取引は90%を占め、スマホでの購入率の高さも同時にアピールした形になりました。

中国EC二番手であるJD.com(京東グループ)は、今年、初めてW11の売上金額を公表しました。11/1~11/11の累計売上金額は前年を上回り、1271億元(約2.17兆円)を記録しました。物流に強みを持つJD.comですが、11日当日の注文の85%はすでに出荷済みで、驚愕な物流対応スピードを見せてくれました。

一見、天猫とJDのデータ集計方法が違うように見えますが、実際に、天猫では、W11向けにおよそ1か月前から予約販売を行い、11日当日に注文決定するという仕組みになっています。一方、JDでは11日当日にこだわらず、11/1~11/12をW11イベント期間と設け、期間中に商品価格は一切変動なしと保証し、消費者にゆっくり買い物する時間を与えるという施策です。よって、データ集計方法は違っても、この二つの数字は両モールの真の実力を表しているに違いないでしょう。

 

 

2017年11日当日で、中国ECネット通販全体総売上高は2539.7億元(約4.34兆円)で、注文件数は13.8億件を達成しました。

日本の楽天の年間の商流が約3兆円と言われている中、この売上額を中国市場に参入を検討しない企業はあるのだろうか。

来年2018年はW11イベント10周年を迎えるので、来年の独身の日にはまた、世界を驚かすでしょう。

カテゴリ